ジュリエット・ビクターは責任ある飲酒に重点を置いております。ウェブサイトにアクセスすることで、お客様はこのウェブサイトにアクセスした国における法定の飲酒年齢に達している方であることに同意することとなります。

ワイナリーについて

ワイナリーについて

ワイナリーについて

トカイヘジャリヤの伝統の長い町の一つのマード町には本ワイン生産地域の最も優れたブドウ畑があります。このブドウ畑のさまざまな種類の火山性の土壌、理想的なロケーション、そして独特の微気候のおかげで、高品質でエキサイティングなワインを生み出すことができます。ブドウ畑、ブドウ、そして数百年の知恵に加えて、ワイナリーの建物自体もワイン生産の重要な要素です。ヘジアリャの特徴ですが、マードのワイナリーの建物の多くはブドウ畑ではなく、町の家や公共建物の隣にあり、歴史的景観の一部になっています。

詳細

ブドウ畑について

世界的に有名なトカイ地域の中にある、歴史的な町マードの気候条件、土壌とテロワールはジュリエット・ビクターのために完璧で、独特の発酵および老化プロセスと職人技のベースにもなります。

ベチェック

魅力的なベチェックには、植物間の距離3.2mx1mで、40年の歴史を持つ3ヘクタールのブドウ園があります。植物間の距離が広くて、ブドウ列は南に向いているおかげで太陽の光は完璧な角度で当たります。結果的に、ブドウは最初に成熟するのはこのブドウ畑です。白い流紋岩のおかげで、ミネラルの多く豊かな農作物を収穫できます。老化したブドウの木を守るために、植物回収を行いました。この特別な場所はベチェックブドウ園にちなんで名前が付けられた2017年のスパイシーなファーミントのゆりかごです。

ホルドウェルジ

絵のように美しいホルドウェルジには、植物間の距離2.4mx0.9mで、3.2ヘクタールのブドウ園があります。この畑は土地の区画に区切りされており、フルミントの様々な年齢と、T85、マダールカーシュ、ホーヤゴシュなどの異種が生産されます。ホルドウェルジの珍しい状況のおかげで、ここの味と複雑性は興味深いです。土壌は赤い粘土と石英の混合土壌で、ブドウ列は緩やかな丘にあり、列長は300メートルもあります。珪岩が形成される箇所もあり、熱水火山活動の証拠に違いありません。

キラーイ

歴史的なキラーイブドウ園には、植物間の距離2.4mx0.9mで、3ヘクタールのブドウ畑があります。その中には、フルミントの畑が1ヘクタール、ハールシュレヴェリューの畑が1ヘクタール、マスカット・ルネルの畑が1ヘクタールがあります。この印象的なブドウ園はマード町の最も高い火山性の山のふもとにあり、土壌は流紋岩と粘土の混合土壌です。25歳のブドウの木の根は最近、土壌中のミネラルのおかげで非常に複雑な味のブドウが熟すことができる理想的な大きさと深さに近づいてきました。

ボンビイ

南西部の美しいボンビイブドウ園には、植物間の距離2.4mx1mで、6ヘクタールのブドウ畑があります。品種の多様性、火山性の土壌、ブドウの木の年齢といった特徴のおかげで、最もユニークなブドウ園のひとつでしょう。2018年には、1.2ヘクタールのフルミントが植え直されました。最も古い木は、102歳のフルミントです。非常に急なブドウ列は山の上から谷の底に向かっており、列長が300メートルもします。そのおかげで、谷の湿度により貴腐化が強化され、アスーの生産量が年々増えます。本ブドウ園のドライまたは甘いサモロドニとアスーワインが誕生するのはこういった特徴の結果です。

セント・タマーシュ

マード町の最も複雑なブドウ園の1つであるセント・タマーシュブドウ園には、植物間の距離2.4mx1mで、0.4ヘクタールのブドウ畑があります。1962年に植え直しが行われたことにもかかわらず、このブドウ園のブドウの木の98%はオリジナルのフルミントとハールシュレヴェリューです。土壌の上層は、厚さ3メートルの赤い粘土で、その下の下層土は連続したゼオライト結晶層です。ブドウ列に沿って歩くと、古いブドウの木の落ち着いた雰囲気を感じます。小さいブドウの房と薄い芽はこの特別な畑の特徴です。

ウェレシュ

特に高品質の土壌のあるウェレシュブドウ園には、植物間の距離2.6mx1mで、1.4ヘクタールのブドウ畑があります。ブドウの木は35歳で、品種はフルミントとハールシュレヴェリューです。ウェレシュブドウ園のブドウが、甘いサモロドニとアスーのベースワインとして使用されている為、このブドウ園の木に網をかけて、大切な作物を鳥から守ります。ブドウの収穫は11月に始まります。凝灰岩と赤い粘土の土壌の保水性の為ここの作物の貴腐化が優れています。

ウーラージョ

マードの西部にあるウーラージョブドウ園には、植物間の距離2.6mx1mで、0.6ヘクタールのブドウ畑があります。品種はフルミントとハールシュレヴェリューで、密な葉の発育を避けるために傘式栽培法を採用しています。土壌は赤い粘土と流紋岩の混合土壌で、ワイナリーのすべてのブドウ畑の中で最も石の多い土壌のエリアです。エゲル市のエステルハージ・カーロイ大学はこのブドウ園の20メートルの深さの掘削試験を行い、土壌層を11も確認できました。上記は、ブドウの木の根元からブドウ果実に影響する下層土のカラフルなパレットの証拠です。こういったミネラルの多い土壌のおかげで、ここのワインは複雑でこくのあるものです。ブドウ畑は、いわゆる「岩の稜堡」に囲まれており、雰囲気だけでなく微気候も特徴的です。